入院のお見舞い選び

HOME > プレゼント選びのアイデア > 入院している人へのお見舞い

入院している人へのお見舞い

 
お見舞い

入院中は食事制限があったり、花の持込が禁止されている病院があったり、入院のお見舞いにはまず相手が困らないように下調べすることが大切です。
内臓の病気で入院している場合は、食べ物・飲み物のお見舞い品は避けましょう。

女性にはおしゃれなものを

入院生活はおしゃれとは縁遠くなるもの。だから、パジャマやタオル、小物にこだわって気分を変えられるものが喜ばれます。
退院後も使えるものを選ぶのがおすすめ。

食べ物は簡単に食べられるものを

保存ができない生のものや、包丁が必要なものは入院している人にとって面倒なので避けましょう。
賞味期限が長いものであれば、退院してから食べてもらうことができます。
お見舞いに来た他の人に振舞うことができるものもお見舞には喜ばれます。後片付けがいらないもの、小分けしてあるものが便利です。
いずれにしても、いいものを少しだけが基本。ボリュームたっぷりのものは入院のお見舞いとしては必要ありません。

長時間の退屈を紛らわせられるもの

本やDVDは入院している人へのお見舞い品の定番。
普段はなかなか読めない長編ものやシリーズもの、全巻シリーズなどは、繰り返し楽しめるのでおすすめ。

紅茶(ティーバッグ)

飲み物がOKな場合は、紅茶はいかがでしょうか。
食事制限があっても、紅茶なら大丈夫ということも多いです。
香りの高い紅茶なら、気持ちもリラックスできるでしょう。
日持ちがするし、お見舞いに来た他の人に出すという使い方もできます。

タオル

タオルは、入院生活では絶対に必要なものです。
入院生活を少しでも快適に過ごしてもらうために、上質で肌ざわりのよいタオルがおすすめです。

読書用まくら

本や雑誌を読む時間が増えるので、読書用まくらは便利です。
もちろん、テレビを見るのにも活躍します。
本や雑誌を見ることが多いベットでの生活を少しでも快適に過ごしてもらいましょう。

パジャマ

病気やケガでも気持ちが明るくなるような、華やかなプリントのものがおすすめです。

塗り絵

最近、お見舞いとして人気です。絵心がなくてもできるので、無心になってはまる人が多いようです。

MENU