人気の贈りもの選び

HOME > プレゼント選びのアイデア > 贈り物選びはこれがポイント!

贈り物選びはこれがポイント!

 
喜ばれる贈り物選び

相手のことを考える

贈り物は、自分が贈りたいものを選ぶのではなく、相手が喜ぶものを選ぶことが、失敗しないコツです。
また、慶事・弔事といった状況をふまえることも大切です。
相手の気持ちを考えて、贈りものや渡すタイミングを決めましょう。

贈り物のシーン別タブー

結婚祝いでは包丁やはさみ、新築祝いではライターなどは、縁起が悪いとされています。
自分は気にしなくても、相手がどういう気持ちになるかわからないので、タブーといわれているものは避けた方が無難です。
また贈る相手が気にしなくても、相手の家族や親戚などまわりの人が気にすることもあります。

恋人以外の異性に、下着や宝石を贈るのは誤解の原因になるので気をつけましょう。

お国柄を考える

日本人にとって食べ物を贈ることはよくあることですが、欧米では一般的に、食料品を正式なプレゼントとしては使うことがありません。
相手が気分を悪くする可能性があるので、お国柄も考慮しましょう。

タイミングを考える

お祝いの贈り物は、早ければ早いほど良いとされています。
逆に、不幸な出来事をねぎらう贈り物は、早く贈ると待ち構えていたようになるので避けましょう。
それぞれのシーンに応じて、贈るタイミングを考えましょう。

手渡しが基本

品物を贈る時には、訪問をして渡すのが基本マナーですが、遠方の場合は配送でも問題ありません。
その場合には添え状を同封するか、別に送りましょう。

渡し方のアイデア

贈り物風呂敷センスの良い風呂敷があれば、風呂敷に包んだまま渡してしまいます。
ただし、風呂敷から出して品物を渡すのが本来のマナーなので、包装紙がわりの風呂敷なので...と一言添えましょう。

紙袋の場合にも、渡す際には品物を出して、品物だけを渡すものです。
おしゃれな紙袋で、紙袋もプレゼントしたい場合は、品物を出した後、よろしければ...と渡しましょう。

お金を渡す時、のし袋に入れても、そのまま渡すのはちょっと抵抗が...という場合は、菓子折りにのせて出してみましょう。
そのまま渡すよりも丁寧な感じがしますよ。

贈り物を知らせる手紙

品物をお店から直接送ってもらう時や、メッセージカードを入れたくても入れられない場合は、送付状を送りましょう。
品物を送った旨を知らせる手紙です。
品物が相手に到着するよりも手紙の方が先に届くようにすると、品物が突然届いて驚かせてしまう、ということもありません。
そんなちょっとした心遣いも、贈り物になります。

MENU