避けた方がよいプレゼント

HOME > プレゼント選びのアイデア > 避けた方がよい贈り物 - プレゼントのタブー

避けた方がよい贈り物 - プレゼントのタブー

 
贈り物

プレゼントについてのタブーを紹介します。
そんなこと気にしない!という人もいますが、相手に不快な思いをさせないためのものなので、頭に入れておくとよいでしょう。

ハンカチ

「手切れ」から「縁が切れる」を連想させるので避けたほうがよいとされています。
最近は喜ばれるプレゼントになっていますが、気にする相手かどうかわからない場合は避けたほうがよいかもしれません。

日本茶

弔事に使われることが多いので、一般的にお祝いとして贈ることはしません。
お祝いに使うなら、赤い茶缶に入れて贈るなど区別をします。

靴下・靴

「踏みつける」の意味から、目上の人へ贈る場合には気をつけましょう。

4・9のつくもの

「死」や「苦」を想像させる縁起の悪い数字とされているので、プレゼントとしては避けた方がよいでしょう。
櫛も同じく避けた方がよいでしょう。
3,5,7,8は、吉とされています。特に8は、末広がりを意味してお祝いには最適です。

包丁/はさみ

包丁/はさみのプレゼントは要注意 「切る」を連想させるので結婚祝いには避けることが多いです。
ただし、相手からのリクエストであればプレゼントしても問題ありません。

火を連想させるもの

新築祝いでは、ライターや灰皿など火を連想させるものは避けたほうがよいでしょう。
赤いものも、火を連想させるためタブーといわれています。

お見舞い

病気のお見舞いで、鉢植えは、根つく→寝付くを連想させるのでタブーです。
最近は、花を持ち込めない病院も増えているので、生花のプレゼントには注意が必要です。

快気祝い

お見舞いをいただいた方への快気祝いは、コーヒーや洗剤など消耗品を贈るのが一般的です。
病が後に残らないようにという意味で、使ってなくなってしまうものを贈ります。

忌み言葉

よくないことを想像させるコトバを忌み言葉といいます。
お祝いやお悔やみのシーンで相手をいやな気持ちにさせないために、知っておくとよいでしょう。

たとえば、結婚のお祝いでは、別れを想像させる「終わる」「切る・切れる」「割れる」「戻る」などはNGとされています。

弔事では、「死ぬ」「死亡」などの直接的な表現は避けて、「逝去」「永眠」などを使いましょう。

MENU