訪問しての贈りもの 気をつけることは?

HOME > プレゼント選びのアイデア > 贈り物マナー 訪問する時

贈り物マナー 訪問する時

 
贈り物をもって訪問

訪問する時には、まず相手に連絡をして都合をうかがいます。突然の訪問は相手のご迷惑になります。

朝早くや食事時の訪問は失礼にあたります。
午前中なら10時から11時、午後なら13時半以降がよいでしょう。

訪問をした後は、もてなしを受けたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。
手紙でお礼を伝えるのが正式なやり方です。

持参した贈り物は、お祝いの言葉や、お悔やみの言葉などのあいさつの後に渡します。
あくまでも、あいさつが主役です。

手土産は、紙袋やふろしきに入れて持参しますが、渡す際には出して渡します。

和室での贈り物の渡し方

訪問贈り物

まず、手土産を自分の横、下座側に置いてごあいさつをします。
その後、風呂敷を広げて贈り物の品を取り出します。風呂敷はすばやくたたみます。
品物を自分の前に持ってきます。この時には、品物は自分に向けます。
そして、贈り物の品を一回転させ、相手側に向けて差し出します。
畳の上であれば、すべらして差し出します。
テーブルの上であれば、少し持ち上げてすべらさずに差し出します。

洋室での贈り物の渡し方

座る前、立った状態で差しだします。
贈り物の品を片方の手で持ち、反対の手は下から支えます。

配送する場合

相手が遠方の場合や、訪問が相手の負担になってしまう場合は、宅配を使っても問題ありません。
その際には、添え状やメッセージカードを同封するか、別に送ります。

お店から送ってもらう場合、あらかじめ書いておいた添え状を持っていけば同封してもらえます。

添え状を同封できない場合は、品物を贈りましたという旨の連絡を入れましょう。
基本は、手紙やはがきですが、相手によってはメールでもよいでしょう。
急に贈り物が届いて相手を驚かしてしまうということもなくなります。

MENU