お花をプレゼントするなら

HOME > プレゼント選びのアイデア > プレゼントするお花を選ぶコツ

プレゼントするお花を選ぶコツ

 
花の贈り物

お祝いにおすすめの花

お祝いには、新鮮で明るく上を向いた花を選びましょう。
オレンジや黄色といったビタミンカラーのお花がお祝いにはぴったりです。
寒色系は避けた方が無難です。

引越しや転居のお祝いの場合には、真っ赤な花は火を連想させるため避けた方がよいといわれています。
バラならばピンクやクリーム色など、淡くて優しい色を選びましょう。

相手の好みの花がわからない場合には、数種類の花を組み合わせて贈るという方法もあります。

場所によって選ぶ

相手の自宅や職場などに訪問して渡す場合は、そのまま飾れるアレンジメントがおすすめです。

ホームパーティーやお家への訪問でも、手間のかかる切り花よりも、そのまま飾れるブーケやアレンジメントが喜ばれます。

歓送迎会は、持ち歩きがしやすいように小ぶりのブーケがよいでしょう。
手提げ袋も用意しておくと、持ち帰りに便利で親切です。

誕生日や発表会にはバラなどボリュームたっぷりでゴージャスな雰囲気の花束がおすすめです。

お見舞いには、入院先がお花の持ち込みができるかどうか事前に確認しましょう。
自宅療養中であっても、切り花は手間がかかってしまいます。
花粉や花びら、香りなど、お見舞いとしてのお花選びはとても難しいため、避けた方がよいかもしれません。

手入れの簡単な花を

プレゼントにアレンジメント

贈る相手が花好きでない限り、鉢植えなどの手入れが必要な花をプレゼントするのは避けた方がよいでしょう。
アレンジメントやプリザーブドフラワーなど、手軽に楽しめる花の方が喜ばれます。
花束も、花瓶が必要なので、贈る相手や場面をよく考えましょう。

花粉に注意

アレルギーの人もいるので、花粉の飛び散りやすい花のプレゼントは避けましょう。
ユリの花粉は、服についてしまうと落ちにくいので注意しましょう。

オーダーのしかた

お店にオーダーする場合には、誕生日や結婚式などどんなシーンでの贈り物なのか、贈る相手の年齢や地位、予算などを伝えます。
フラワーギフトには種類も多く、シーンによってルールもあるので、これらの条件を伝えれば、おすすめの花をアドバイスしてもらえますよ。
通販でオーダーする場合も、これらの条件によって花を選べるようになっているショップを利用しましょう。
入れてほしい花や、全体の雰囲気や色合いも指定できることが多いので、具体的に伝えれば希望通りのお花やアレンジメントを選んでもらえます。
ブルーでまとめて、ピンク系の花でなど色のイメージで伝えるか、バラ30本、チューリップ20本など数を指定すると希望が伝わりやすくなります。

アレンジメント

そのまま飾ることができ、水替えの手間もかかりません。
訪問の手土産やお祝いなど、贈る相手や場所、シーンを問わずに使える便利ものです。

鉢植え

お値段は高めですが、長く楽しめるのが良いところです。
胡蝶蘭はお祝いの定番で、シンビジウムなどの洋ランはお値段も手頃です。
最近は藤や桜なども人気です。

花束

花束は、小さくても華やかに見えます。
リボンや包装紙でさまざまな印象を作ることができます。

プリザーブドフラワー

見た目は本物の花のようで、水やりの必要がなく、保存状態がよければ数年もたせることができます。

MENU