プレゼントのお礼

HOME > プレゼント選びのアイデア > お返しのコツ

お返しのコツ

 
プレゼント

まずは感謝を伝える

頂き物をするとすぐにお返しを...と考えがちですが、まずは感謝の気持ちを伝えることが大切です。
すぐにお礼状を出し、お返しの品物は10日から1か月以内に贈ります。

お返しが必要のないものは、入園・入学・卒業・就職祝い、お中元、お歳暮などですが、入園・入学は内祝いとしてお返しをすることが増えています。

内祝い

内祝いとは、お祝いをいただいた時のお返しのことになっていますが、本来はお祝いをいただいていない人にも贈るものです。
喜びごとがあった時に、ともに喜んでもらいたいという気持ちで親しい人に配るものです。

内祝いは、お祝いをもらった本人の名前で贈ります。

出産・結婚祝いをいただいたら、お返しを内祝いとして贈ります。
新築祝いは、新築披露に招くことがお返しになりますが、招待しなかった場合には内祝いを贈ります。
開店・開業では引き出物を贈ります。
病気のお見舞いをいただいた場合は、快気祝いを贈ります。

半返しが基本

昔は、目上に薄く、目下に厚くといわれていました。
つまり、目上にはもらった品や金額の半額程度のお返しをする半返し。
目下には全額程度のものを返す全返しが一般的でした。
これはお祝いごとの場合で、お悔やみごとは目上目下ともに半返しまたは3分の1程度の三分返しでした。

今では、お祝いごともお悔やみごとも、半返しが基本です。

手作りのお返し

手作りの食べ物やお料理、ハンドメイドのものなどをもらった場合は、いただいたものを食べたり使っている写真をお返しにするのがおすすめです。
無理に手作りでお返しをする必要はありません。
むしろ、それを食べたり使ったりして喜んでいることを伝える方が喜ばれますよ。

お返しを忘れてしまったら

もらいっぱなしでは申し訳ないと思いつつ、お返しを忘れてしまったということもありますよね。
また、お返しに何を贈ろうかと迷っているうちに時間がたってしまったということも...

ただ、贈り物をいただいてすぐにお返しをするのも、喜んでいないようで失礼です。

喜ばれる贈り物そんな場合は、相手の好きなちょっとしたものにメッセージをつけて贈るのがおすすめです。
相手の好きなコーヒーや紅茶などに、「お好きな物が目にとまりましたので...」という言葉をつけて贈ります。
その人のことを気にとめていたということが伝わりますよ。

エスカレートしないように

親しい間柄で、頻繁に贈り物とお返しをする場合は、エスカレートする傾向があります。
物自体や値段を競うよりも、ラッピングや贈り方などアイデアを工夫してみてはいかがでしょう。
やりすぎないことも大切です。
エスカレートしないように、気楽に贈り物ができるようしたいものですね。

連名でいただいた場合のお返し

会社の同僚から連名でいただいたお祝いの場合、みんなで分けられるお菓子などを代表の人に贈るのが簡単です。

ただ、小さなお菓子セットやタオルなど、ほんの少しのものでよいので一人一人にお返しした方がよいでしょう。

お返しのいらない贈り物

お中元やお歳暮など、お世話をしたことに対しての贈り物は基本的にお返しをする必要はありません。

災害見舞や火災見舞いは、励ましのために贈られるのでお返しは必要ありません。落ち着いたら、電話や手紙でお礼をしましょう。

入学祝いなど子供自身に贈られるものはお返しは必要ありません。
出産祝いは親に贈られるものなので、内祝いを贈るのが一般的です。

栄転・昇進祝い、新任地着任の挨拶状にお礼の言葉をそえます。

お返しの必要がないお祝いをいただいたら、その時にお返しをしなくても、その人の誕生日など別に機会に贈り物をすればお付き合いがうまくいきます。

MENU