成人祝いの贈り物

HOME > プレゼント選びのアイデア > 成人式は大人の仲間入りの日

成人式は大人の仲間入りの日

 
成人式

日本では昔から、大人の仲間入りをする儀式が行われてきました。
儀式の呼び名や行う年齢は、時代や地域によって違いがありますが、男子は15才で元服という儀式を行うことが多いようです。
髪型や服装を子供のものから大人のものに変えたり、名前を変えることもありました。
女子は、13歳ごろに行うことが多いようです。

現代では20歳が大人の仲間入りをする年齢となりました。
成人の日は祝日となり、各地で、自治体による成人式が行われます。

成人式の振袖

成人の日は、大人になったことを祝い自覚する日ですが、成人式は同窓会の場になっています。
女性は、華やかな振袖姿が多く、日本の伝統衣装である着物を着る数少ない機会になっています。

振袖は、未婚女性の礼装

成人式のために振袖をあつらえる場合は、前年の8月頃が多いようです。
友禅や絞りなどの伝統的な技法、雅やかな模様や色遣いなど、さまざまな柄の中から晴れの1枚を選びます。
最近は、一式セットになったものや、手ごろな価格のものも増えています。
また、レンタルも人気で、予約も前年の夏ごろがピークなようです。

成人のお祝い

成人のお祝いは、甥や姪、孫などの親戚か、身内のように親しい間柄でするものです。
成人の日の少し前に贈るのがよいでしょう。

大人の仲間入りをしたお祝いなので、長く使えるクオリティの高いものを贈りましょう。
もちろん本人の希望を聞いてあげるとよいでしょう。

ちょっと高級なレストランでの食事に招待するのも、大人としての良い経験になりますよ。

MENU